本当にアソコを大きくしたいならそれなりの努力も必要でした

ゼファルリンをアルコールで体内に流し込んではいけない理由

rapture_20160415181602

中にはゼファルリンをアルコールで飲んでしまうといった人達がいることに驚きだ。

もちろんゼファルリンを飲んでいる皆がそうではないがね。

ゼファルリンをアルコールで飲んだ場合どうなるのかというのをお伝えしよう。

 

ゼファルリンをアルコールで飲むとどうなる?

まずアルコールを摂取した場合はどうなるか説明しよう。

アルコールを摂取するとトイレが近くなることだろう。

rapture_20160415204141

水分補給をしてトイレに行きたくなるのはもちろん他の飲み物でも同じだ。

だがアルコールの場合は「特に」トイレに行きたくなる回数が増える。

これは何故か。

 

アルコールを摂取するとアナタの身体は「毒素が入ってきた」と認識するんだ。

そして肝臓の働きでその毒素を早く体外へ追い出そうとするんだよ。

そのためにトイレが近くなるんだ。

 

飲んだら飲んだ分肝臓が分解作業に追われ、何度もトイレにいくハメになる。

ここまでは普通のことだ。

じつはアルコールでゼファルリンを摂取してしまうと、ゼファルリンの成分が吸収される前に「アルコールと一緒に体外へ」追い出されているんだ。

 

要はオシッコと一緒に「ゼファルリンの成分を捨ててしまっている」ことになる。

これではせっかくのゼファルリンの成分が無駄になってしまう。

ゼファルリンをアルコールで飲んでしまう人にはこのことに気づいてほしい。

 

rapture_20160415204226

『サプリメントだし、副作用なんてないから大丈夫^^』

 

と能天気なことを言っていられるのも最初だけだ。

この事実を知ったらアルコールで摂取することはなくなると思うのだが・・・。

 

副作用の例は考えているのか

いくらゼファルリンがサプリメントといっても、間違えた飲み方をすると副作用が出る恐れがある。

もちろんアルコールでゼファルリンを摂取するのはこの「間違えた飲み方」に当てはまる。

つい軽く考えてしまいがちだが、アルコールで摂取することによりさらに血行促進されてしまう。

 

きっとこの伝え方が一番伝わりやすい。

アルコールを飲むと少し血行がよくなるんだが、ペニス増大サプリメントのゼファルリンには血行促進の為の成分が含まれている。

トイレに行ってゼファルリンの成分が全部流れてしまっているならいいのだが、もしも成分が吸収されていたら。

 

副作用が起こる可能性が高まる。

時には嘔吐することもあるだろう。

人によって現れる副作用が全部が同じということにはならないので、頭痛やめまいをおこす人もいれば動悸不全を引き起こす人も中にはいることだろう。

 

このような副作用が出る恐れもあるので、ゼファルリンをアルコールで摂取するのはやめてほしい。

副作用もそうだがアルコールでゼファルリンを摂取すると、ゼファルリンの成分を「捨ててしまう」というのをしっかり覚えておこう。

 

これではゼファルリンを何箱飲もうが効果を得られずにショックを受けるだけだ。